サンバーン(日焼け)になりやすい人とは?注意する時期や時間帯、主な治療。

太陽がまぶしい季節に夢中になって海で遊んで
体が真っ赤に焼けてしまった経験は誰しもあるでしょう。

しかし
日焼けは私たちが思う以上にとても危険なものです。

日焼けの危険性を知り
今から日焼け対策を行う必要を理解していきましょう。
日焼け 注意

日焼けは肌に危険を招く!サンバーンとは?

サンバーンは
強い日差しに当たった数時間後から現れる、UVBにより肌が赤くなる日焼けのことです。

つい強い日差しを浴びてしまい、家に帰ると皮膚が赤くヒリヒリと痛んで眠れない。

夏によくある体験ですが、その日焼けは実はとても危険なのです。

こちらではそんな赤くなってしまう日焼けについてご説明していきます。

サンバーンの症状・原因・検査

海やプールに行くと、日焼けをして皮膚が赤くなりますが
日焼けはやけどの1種とされ、日光皮膚炎ともいわれます。

強い太陽の光を浴びてしまうことで皮膚のDNAがダメージを受け
肌が赤く炎症を起こしたり、ひどい場合は水ぶくれができたりすることもあります。

炎症は、日差しの強さや日光に当たっていた時間、そして人によって異なり
日に当たっていた時間が長くなるほど、ひどい痛みやかゆみの症状を引き起こしてしまいます。

また、太陽光だけでなく
日焼けサロンの人工的な光によっても起こります。

医療機関では
症状が出た原因やUVへのアレルギーを調べるために光線検査を行う場合もあります。

サンバーンの治療とは?

サンバーンを起こしてしまったときには
とにかく冷やすことが1番の治療になります。

日焼けをして赤くなっている部分やかゆみ・痛みが強い部分を中心に冷やしましょう。

冷やす際には氷を使うと良いですがもしない場合は
冷たい水でしぼった濡れタオルを日焼けした箇所に当てておきましょう。
日焼け 冷やす

皮膚の痛みは肌が空気に触れることで起こるので、痛みがある部分を保護すると落ち着いてきます。

また
サンバーンが起こってしまったときには、さらに強い日差しに当たらないように気をつけましょう。

日焼け後のスキンケアは、痛みがひいてから行なってください。

日焼けによって肌に不足している潤いを化粧水で補い
皮膚のバリア機能をケアするセラミドなどが入った美容液も使用して、やさしく補っていきましょう。

炎症次第では皮膚科の病院を受診がおすすめ

日焼けをしてしまい皮膚にかゆみや赤みが出るだけでなく
水疱ができてむくみが起きてしまう場合があります。

痛みがひどい場合や
炎症の度合い次第では、皮膚科を受診することをおすすめします。

正しい治療を皮膚科で受ける必要がある

炎症 皮膚科
たかが日焼けくらいと思っていても
ひどい日焼けになると皮膚に水疱がたくさんできて、むくみが起こってしまう場合があります。

そんな場合は
家で日焼けをした箇所を冷やして応急処置をしたあと、必ず皮膚科を受診して正しい薬による治療を受けるようにしてください。

内服薬・外用薬による治療が行なわれます。

サンバーンになりやすいのは?

日差しの強さや、人によってはひどいやけどを起こしている状態になるサンバーンですが
サンバーンになりやすい人は決まっているのでしょうか?

こちらでは
特に気をつけなければいけない人や場所、時間について見ていきましょう。

メラニンが少ない色白の人

もともと色白の人は色が黒い人と比べると
生まれ持ったメラニン色素の量が少なく、強い日差しを浴びてもメラニン色素をたくさん作り出すことができません。

そしてUVによるダメージを肌に受けやすくなってしまい
肌がやけどをしてしまうサンバーンを起こしやすいのです。

反対に色黒の人は、生まれ持ったメラニン色素が多いので
日に焼けても赤くならず、すぐに肌が黒くなります。

でも、肌が赤くならないからといって
日差しの影響を受けていないということではありません。

日焼けをしても肌が赤くならない人も
必ず日焼け対策をするようにしましょう。

5月~9月の時期、10~14時の時間帯はもっとも日焼けしやすい

プール
太陽の光が反射しやすい海やプールでは
UVBを浴びる量が普段よりも増えていまいます。

1年のうちでは5月~9月
また、1日のうちでは10時~14時のあいだにもっとも日差しが強くなり、日焼けをしやすくなっています。

このような場所や時間帯を避け
1日に20分以上日差しを浴びる際は、日焼け止めを塗るなど必ず日焼け対策を万全にしてから出かけるようにしてください。

皮膚科医が勧めるサンバーン対策

強い日差しを浴びることで肌が受けるダメージは、とても大きなものです。

日頃から日焼けを効果的に防ぐことが必要となってきます。

こちらでは皮膚科医が勧めるサンバーン対策をご紹介いたします。

日焼け止めは2~3時間で塗りなおす必要がある認識を持つ

クリームタイプ 日焼け止め
朝、出かけるときにしっかりと日焼け止めを塗っていても
時間が経って汗をかくことや皮脂が浮いてくることで流れてしまいます。

日焼け止めは気がつかないうちに落ちてしまうものだという認識をして
2~3時間で塗り直しをすることを習慣にしていきましょう。

日焼け止めだけで100%防げないので日傘や帽子も併用することで日差しケア

UV対策 日焼け
また、しっかりと日焼け止めを塗り直していても
塗りムラがあったりして日焼け止めクリームだけで100%日焼けを防ぐことはできません。

なるべくつばが広い帽子をかぶり
日傘を使用して日差しを直接浴びないように心がけましょう。

また、日差しは目にも入ってきますので、外出時にはサングラスをかけることも必要です。

特に夏の海や山でのレジャー
炎天下でのゴルフなど長時間、強い太陽を浴びるときには、日焼け止めのサプリを飲んでおくことをおすすめします。

サンバーンとサンタンはどう違うの?

日焼けの種類には、サンバーンとサンタンがあります。

この2つの違いはいったい何なのでしょうか?

こちらではこの2種類の違いを見ていきましょう。

サンタンを引き起こすのはUVA!日焼け止めはPA値に注目

サンタンは肌が赤くなるサンバーンを起こした後、数日してから現れて数週間から数ヵ月続きます。

UVAを浴びたことで
皮膚のなかでメラニン色素が大量に作られて起こるのです。

そして
このメラニン色素が肌に沈着してしまい、肌が黒くなってしまいます。

皮膚が赤くなるサンバーンとは違い
日焼けをしたときに痛みなどの症状はありませんが、UVAは肌の奥の真皮層まで届きます。

そして今あるシミを濃くしてしまったり
新しくシミを作ってしまったりするのです。

また、このUVAは、将来、シワの原因にもなってしまいます。

このUVAを防ぐ日焼け止めを選びたいときは
日焼け止めに記載されているPA値に注目するようにしましょう。

PA+~PA++++までありますが、PA++++が1番UVAを防ぐ効果が高い日焼け止めになります。

サンバーンを引き起こすのはUVB!日焼け止めはSPF値に注目

それとは反対に、今までご紹介してきたような
肌が赤くなり水疱ができてしまうサンバーンを引き起こすのはUVBです。

サンバーンで受けた炎症は
日焼け後3日くらいでおさまっていき、4日目頃から肌が黒くなるサンタンに変わっていきます。

このサンバーンを防ぐ日焼け止めを選びたいときは、SPF値を見て購入しましょう。

SPFの数値が高くなるほど、UVBを防ぐ効果は高くなります。

10年、20年先を見越してサンバーン対策が重要

日に焼けてしまい、皮膚が赤くなってヒリヒリと痛むだけではなく
何度も日焼けを繰り返すことで、数十年先に健康を害してしまう恐れがあります。
鏡を見る女性

その時々の日焼け対策だけではなく
10年先や20年先を見越した長期間のサンバーン対策を続けていくことがとても重要です。

サンバーンを繰り返すことで皮膚がんの懸念もある

強い日差しを何度も浴びてサンバーンを繰り返すことで、皮膚の奥にあるDNAが何度も傷ついてしまいます。

皮膚にはその傷を切り取り
正しい状態に戻す仕組みがありますが傷が大きすぎる場合や、間違って修復してしまった場合、将来的に皮膚がんになってしまうという懸念もあります。

体に有害な日差しを浴びサンバーンを繰り返していくことで
10年先や20年先にその影響が自分の体に現れてくるのです。

将来の健康のためにも
小さい頃からしっかりとした日焼け対策をおこない、長期的に日焼けをしないよう工夫をしていくことがとても重要です。

ABOUTこの記事をかいた人

ナナ

はじめまして。 コスメ大好き女子のナナです。こすむむすめ。の管理人をしています。 新しいコスメ情報を収集したり、エステサロンに行くのが大好きです。 趣味はコスメ探しと食べ歩き。