王妃の白珠はデリケートゾーンにも使えるの?顔以外でも使えるけど大丈夫?

王妃の白珠は顔以外でも使えちゃう!

くすみやシミなど肌の悩みは、女性にとって尽きないものです。
評判が高い王妃の白珠SRは顔以外にも使えるパッククリームで、全身のさまざまな部分に使うことができます。

色々なクリームを使い分ける必要がありませんし、お風呂で全身のケアを済ませられるのはとっても便利です。

公式サイトだと首・デコルテ・手の甲・くるぶし・膝でもOK

王妃の白珠は、即効性がありくすみが気になる顔だけに使えるコスメとうイメージを持つかもしれません。

首やデコルテ(胸元)、手の甲、脚や腕など明るくしたい部分に使うことができると公式サイトで紹介されています。

また、黒ずみ※が気になるひじやヒザ、ビキニライン、足のくるぶしにも使えるので王妃の白珠1つで肌のくすみや毛穴の汚れ、黒ずみ※ケアができますよ。
※汚れや古い角質による

王妃の白珠には、沖縄でしかとれない泥岩「くちゃ」が配合されており、100ミクロン以下の超微粒子で毛穴の奥にある汚れや古い角質をごっそり吸着してくれます。

普段きちんとクレンジングをしていても、毛穴には落とし切れていないメイク汚れや皮脂、角栓が詰まっていますので、そんな肌の汚れを王妃の白珠でパックしてきれいに取り除きましょう。

でもただ汚れを落とすだけでなく、同時に肌にうるおいを与えることも大切ですよね。

王妃の白珠には、ヒアルロン酸以上の保水力を持つ水溶性プロテオグリカンや、肌にうるおいを与え健やかに保つアロエベラエキスなど、12種類の美容成分が配合されています。

パックをしたあともつっぱり感がなく、お肌をしっとり柔らかに保ってくれるには理由があったわけですね。

そして使い方は、説明通りに「5分置いてから流すだけ」というタイプのパッククリームなので手間もかからず簡単なので、私も正直言ってびっくりしました。
仕事や子育てで忙しいママさんも、自宅で高級エステ体験を味わうことができるコスメなのです。

王妃の白珠はデリケートゾーンには使えるの?

女性の間でお肌の悩みは、顔やデコルテなどに実感できる効果があればと思われがちですが、それらが悩みの中心ではありません。

自分で思い悩んでも人にはあまり相談しにくい、デリケートゾーンのくすみや黒ずみ※に悩んでいる人もたくさんいるでしょう。(※汚れや古い角質による)

王妃の白珠はデリケートゾーンにも使用することができるのでしょうか?
お肌のトラブルが起こる可能性はどうなのでしょう?

全身どこでも使えると記載されているけれどホント?

公式サイトを見ていると、王妃の白珠は全身のどこにでも使えると記載されており、脚や腕などさまざまな部分が載っていますが「デリケートゾーンにも使えます」という記載はありません。

口コミなどを見ていると、デリケートゾーンに使っている人の感想はちらほら見られるようですが、実際は使ってもいいものなのでしょうか?

デリケートゾーンは非常に粘膜に近いところなので、普段お風呂に入ったときも刺激が少ない専用の石けんを使用するのがベストだといわれています。

また入浴の際にゴシゴシ洗ってしまうことで、よい菌まで流されてしまい、臭いの原因になることや、体を守っている自浄作用が低下してしまうことがあります。

そして洗いすぎることで皮膚がカサカサしてしまい、くすんでしまうのです。

王妃の白珠の口コミを見ていると、「洗い流すのに時間がかかる」というものがありました。

しっかりと「くちゃ」(クレイ)が汚れを吸着してくれるのですが、丁寧に洗い流さないとクリームが残ってしまうのです。

デリケートゾーンの場合は、あまりゴシゴシ洗い流すのは止めておいたほうがいいのですが、クリームが残り肌トラブルの原因になってしまいますよね。

なので
デリケートゾーンへ使用する際は注意をしながらやりましょう。(自己責任でお願いします。)

👉王妃の白珠の口コミ関連記事も参考に

>>王妃の白珠の真実!口コミを検証「白残りしているだけだった」!?
>>王妃の白珠の悪い口コミを暴露!購入前にしっかり見ておこう
>>王妃の白珠はシミへの効果なし!?口コミのまとめ・成分の解説

王妃の白珠の使用するとき知っておきたいこと

王妃の白珠は、お肌への負担を抑えるように考えて肌に優しく作られた化粧品です。

しかしそのときのお肌の状態や体調、体質により、肌荒れなど炎症を起こしてしまう場合もありますので、使用する前に注意点を理解しておきましょう。

無香料・無着色・敏感肌でも使えると記載されている

王妃の白珠はお肌への負担をなるべく減らすために無香料、無着色で作られており、お肌が敏感な人でも使用することができると公式サイトに記載があることを発見しました。

お肌が敏感な人は、合成香料や合成着色料でかゆみなどアレルギーを引き起こしてしまう恐れがあるのです。

王妃の白珠は開発の際にアレルギーパッチテストを行っているので、安全性の評価も高いと言えますね。。

でもすべての人にアレルギーが起こらないとは限りません。

過去に化粧品でアレルギーなどを起こしたことがある人は、公式サイトにすべての成分が記載されていますので必ず確認をしましょう。

心配な場合は、清潔にした二の腕などやわらかい部分に100円硬貨大の量を塗り、しばらく肌の様子を見てから使うことをおすすめします。

また成分が肌に残っているとかゆみなどの原因になってしまいますので、使ったあとはよく水で洗い流しておきましょう。

お肌に合わない時は使用を中止する

そして使ってみて肌が赤くなる、ほてる、かゆみが出るなど刺激を感じた場合、すぐに洗い流して使用を中止してください。

これくらいは大丈夫と無理に使い続けると、まだ表面に出てきていない新しい皮膚まで影響を受けて肌が不安定な状態になってしまいます。

また新しく使い始めた化粧品だけでなく、いつも使っている化粧品でもほてりや赤みを感じることもあるんですよ。

季節の変わり目など肌の状態が不安定になっているときや、生理前などに刺激を感じてしまう場合がありますので、肌がおかしいと感じたらすぐに使用を中止しましょう。

異常があれば皮膚科専門医へ相談

万が一、使ってみて異常が出てしまった場合は皮膚科専門医を受診して、適切な治療を受けるようにしてください。

ほてりが出た場合は冷やしたタオルをのせて熱をとるなどの応急処置もありますが、素人考えでの処置はかえって症状をひどくしてしまう場合があります。

少しでも肌に異常を感じた場合は、必ず早めに皮膚科専門医に相談をしましょう。

デリケートゾーンへの使用はリスクがありそう?

王妃の白珠をデリケートゾーンに使うと、洗い流すのに時間がかかって余計にくすみの原因になってしまったり、よい菌まで流れてしまったりとリスクがまったくないとは言えません。

不安ならデリケートゾーン専用商品を検討するのも一つの方法

「デリケートゾーンのくすみや黒ずみ※が気になるけど王妃の白珠を使うのはちょっと不安」という人は、デリケートゾーン専用商品の使用を考えてみるのも1つの方法です。
(※汚れや古い角質による)

検索してみるとデリケートゾーンだけのケアに特化した商品がいろいろあり、くすみなどに加えて臭いのケアをしてくれるという商品もありました。

デリケートゾーン専用商品なら、とことん考えて作られているでしょうから不安な気持ちは解消されると思います。

個人差があるけれど試すなら少量が無難かも

個人的にはやはりデリケートな部分なだけに、公式サイトに「デリケートゾーンにも使えます」という記載がないのが少し不安に感じました。

もしもどうしても試してみたいという人は、ほんの少量をつけて異常が出ないかどうかを見てからのほうが無難でしょう。

そして少しでも異常を感じた場合は、すぐにお風呂でよく洗い流すようにしてくださいね。

けして無理をして使わないことをおすすめします。

公式サイトへ問い合わせてみる(メール・フリーダイヤル)

デリケートゾーンへの使用についてなど、疑問に思ったことや使用方法、何らかのトラブルなどを詳しく知りたい場合は、王妃の白珠公式サイトへ電話、メールで問い合わせてみましょう。

電話はフリーダイヤルで、携帯電話やPHSからも利用することができるので電話代もかかりません。

王妃の白珠の商品に関する問い合わせは、

フリーダイヤル 0120-4374-11 9時~18時(月~金)土日祝はお休みです。
メール support@churacos.com

または公式サイトにあるお問い合わせフォームを使用することもできます。

デリケートゾーンのことなので直接聞くのが恥ずかしい方は、メールや問い合わせフォームを使いましょう。

王妃の白珠は公式サイトの定期コースなら、2個セットで初回は77%オフの1,980円と驚きの価格です。
最安値で購入することができますし、嬉しい特典も多数ついていてとってもお得です。
もちろん、購入後のサポートも安心して受けられますよ。
先着300名様限定全額返金保証付き(送料無料)ですので、購入は楽天やアマゾンにはない特典ですのでお早めに。
薬局やドラッグストアなど店舗での販売はありません。
(2018年12月21日現在)

このお得な値段でキャンペーンが行われているうちに株式会社チュラコスの王妃の白珠を試してみて、白く輝く美しい女性を目指しましょう。

👉王妃の白珠の購入関連のこちらの記事も参考に

>>王妃の白珠の購入はどこで?通販サイトならどこがおすすめ?
>>王妃の白珠の購入は公式が一番!おすすめする理由とは?
>>王妃の白珠は楽天なら最安値で買えるという噂はホント!?